妊活に必須の栄養素「葉酸」とは?

正しく摂取するために
「妊活」を考える時に欠かすことが出来ない栄養素が「葉酸」です。葉酸は、妊活するに当たって重要になってくる「着床力」「妊娠力」を向上させることから注目が集まっています。精子が卵子に受精し、受精卵となっても、その後に着床しなくては妊娠へとつながりません。

葉酸は、造血ビタミンと言われることもあり、その働きから着床を促進したり、着床後の受精卵の成長を促進する作用があります。

葉酸により、造血作用が促進されると、それに伴って子宮内膜が強化され、その分受精卵が着床する確率も高くなるのです。

また、子宮内膜の血行が促進されることにより、受精卵に安定して栄養が供給されます。そのため、成長不足による死産や各種障害リスクも低く抑えることができます。葉酸は、赤ちゃんの安定成長に欠かせない栄養素なのです。

厚生労働省が推奨する「モノグルタミン酸型葉酸」とは?

厚生労働省では、妊婦やプレ妊婦に「一日400μg」の葉酸を摂取することを推奨しています。厚生労働省が推奨している葉酸は「モノグルタミン酸型葉酸」です。

モノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸とも呼ばれ、工業的に製造されているものです。したがって、食品から摂取するのは困難で、毎日の必要量を補うのに「葉酸サプリメント」での摂取が推奨されています。

葉酸サプリメントは数多く販売されており、中には、天然葉酸のものもあります。天然葉酸自体は、人体に必要な栄養素ですから、摂取に問題はありません。

しかし、妊婦、プレ妊婦に限っては、そうとは言えないのです。厚生労働省が推奨しているのは、あくまでも合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸であり、天然葉酸を摂取したところで効果は望めません。

そこで、妊活に葉酸を役立てようとお考えなら、合成葉酸の葉酸サプリメントを選ぶ必要があります。日本人は「天然は安全」「合成は危険」という思い込みがありますが、合成葉酸でもきちんとした品質管理の下で製造されているので心配はありません。

妊娠前、妊娠中、妊娠後も合成葉酸を適量摂取して、健康な赤ちゃんと母体を維持しましょう。